歌詞

突然の贈りもの

Bank Band

作詞
大貫妙子
作曲
大貫妙子

突然の贈物

甘く香る花束

頬をよせて抱きしめる温もり

別れもつげないで

独りぼっちにさせた

いつの間にか六度目の春の日

置き忘れたもの なにもかも

そのままにあるの

幸福でいたなら それでよかった


あなたの気まぐれに

つきあった仲でしょ

いつだって嘘だけはいやなの

必ず待ちあわせた

店も名前をかえた

この街へ戻っていたのね

初めて出逢った時のように

心がふるえる

尋ねてくれるまで 待っているわ


皆とはじめた

新しい仕事にもなれて

元気でいるから 安心してね

提供: うたまっぷ