歌詞

エリート通り

小谷美紗子

作詞
Misako
作曲
Misako

エリート通りを指示して 我が子の手を引く奥様

今が一番大事なのと 幼稚園という塾へ行く


かわいいひよこがだんだん にくたらしく論じている

遊ぶ時間がもったいないと 黒ブチめがねを光らせる


エリート通りを歩いて来た 町でも良い子と評判の

彼が今では殺人者 エリート通りの穴に落ちた


小さい頃にできなかった失敗の集まり

今さら過去をうらんでももう先しかないんだから

ロウヤの中は冷たいが彼の人生やっと 失敗して初めてそこから始まる


かわいい我が子をカゴに入れて大事に守って温めて

カゴから出したらぬけがらだった 自分にそっくりなぬけがらだった


1+1を習う前にHOW TOコミュニケーションを探して

2次関数、教える前にキャッチボールを一緒にやろう


眠っているときの様に空を飛ぶ夢を見て欲しい

雨にこごえる捨て犬を見つめる様な表情、見せて


かわいい我が子をカゴに入れて大事に守って温めて

カゴから出したらロボットだった 淋しく固いロボットだった


ロウヤの中は冷たいが彼の人生やっと 失敗して初めてそこから始まる


かわいい我が子をカゴに入れて大事に守って温めて

カゴから出したらぬけがらだった 自分にそっくりなぬけがらだった

提供: うたまっぷ