歌詞

シドと白昼夢

椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎

昔 描いた夢で あたしは別の人間で

ジャニス・イアンを自らと思い込んでいた

現実には本物が居ると理解っていた


此処の所描く夢の あたしはあたしだから

欲望も何も区別がつかなくなっていた

現実でもほとんど不確かだ


あなたの髪を切らなきゃ

真っ黒な其の眼があたしの眼に光を射てば呼吸が出来る

いまは還らない影など全く厭だけれど

あなたには殺されても良いわ


手錠をされたままであたしに跪いた

独り切りじゃ泣いてばかりになる為

誰かにそっと寄り掛かるのであろう


あなたはあたしじゃなくちゃ

真っ白なほっぺたに透き通る小さな雨垂れを落としてしまう

でも泣かないで 今すぐ鍵を開けてあげる

あなたには全て許しちゃうわ

提供: うたまっぷ