歌詞

正しい街

椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎

あの日飛び出した此の街と君が正しかったのにね


不愉快な笑みを向け長い沈黙の後態度を更に悪くしたら

冷たいアスファルトに額を擦らせて期待はずれのあたしを攻めた

君が周りを無くした

あたしはそれを無視した

さよならを告げたあの日の唇が一年後

どういう気持ちでいまあたしにキスをしてくれたのかな


短い嘘を繋げ赤いものに替えて疎外されゆく本音を伏せた

足らない言葉よりも近い距離を好み理解出来ていた様に思うが

君に涙を教えた

あたしはそれも無視した

可愛いひとなら捨てる程居るなんて云うくせに

どうして未だに君の横には誰一人居ないのかな


何て大それたことを夢見てしまったんだろう


あんな傲慢な類の愛を押し付けたり

都会では冬の匂いも正しくない

百道浜も君も室見川もない


もう我が儘など云えないことは分かっているから

明日の空港に最後でも来てなんてとても云えない

忠告は全ていま罰として現実になった


あの日飛び出した此の街と君が正しかったのにね

提供: うたまっぷ