歌詞

四季

w-inds.

作詞
Hiroaki Hayama
作曲
Hiroaki Hayama

欲しかったもの

1つずつ手に入れて

その中でも 代わりのない

宝物があって


磁石みたく 理由もなく

ただ惹かれてく心を

暖めあうように

二人を包んだ 春の風


過ごした瞬間が増えて

胸に刻む 君とのseasons

ずっとこの先も

繰り返すと 信じて


明日晴れても 雨の日でも

もう今は君に逢えない

遠い波にさらわれた

あの夏の夢


一晩中そばにいても

またいつもの

日常に戻される

夜明けを恨んだり


もしもいつか

この世界の終わりが来て

それでも 二人なら

一緒だと思ってた 秋の夜


瞳を閉じれば いつも

よみがえる 君とのseasons

そのぬくもりと

痛みは 消えないまま


優しさが足りなかったね

不器用な僕に残った

最後に見た想い出は

あの冬の涙


so I cannot forget 4 seasons we've lived in

君がいない四季を渡るよ


so I cannot forget 4 seasons we've lived in

あの空も 悲しみも 抱いて


過ごした瞬間が増えて

胸に刻む 君とのseasons

ずっとこの先も

繰り返すと 信じて


明日晴れても 雨の日でも

もう今は叶えられない

遠い日々に置いてきた

あの二人の夢

提供: うたまっぷ