歌詞

センチメンタル バス

nobodyknows+

作詞
G-TON/CRYSTAL BOY
作曲
DJ MITSU

バスを待つ 何故バスを待つ あてもなくただ ただ意地はる

タイヤに曖昧は組み込まれ 立ち止まらす バスストップ

手に入れたのはひとつの嘘 出てきた彼女のマンション「もういい」

あがる体温 冷めた対応 堂々巡り 夏の終わり

素通りする車 ストーリ映す 俺は俺 これでいいかと問う

答え待つ waiting for a bus ゆだねるバス停 揺れてる

向こうから 向こうから 何台も 何台も

すべり込む交差点の方向 横切る透明人間 オレ


バスに乗る バスに乗る 鞄一つで バスに乗る

慣れ親しんだ町を背に バスは走る

徐々に落ちてく 夏の陽射し 君がくれた手紙を開き

繰り返し繰り返し読み返す 二人の時間がよみがえる

もう乗り換えることはできない すべては動き出した

蒼白い車内 薄暗く 深くシートにうずくまる

悲しみばかり記憶に 残るからこないで見送り

見えなくなるまで君が手を振り続けたら 僕はきっと泣くだろう

そればかり思い出すだろう 夜が来るたび

真夜中まで車に乗って抱き合ってた昨日

夢を叶えるために 君と離れる旅に

唇重ねるたびに 離れられなくなる

触れ合えば合うほど 別れは辛くなる

all night long とはいかないの もう帰ろう

もう引き止めたって 無駄ってことわかってる 言葉にできない仕種で

語ってる 君を一緒にさらってく程 確かな希望も

保証もない 愛 それだけではどうしようもない

避けられない 現実問題 かけがえのない 君の存在


夕日がついさっき呑み込まれた 二人歩いた道も真っ暗だ

空気は中途半端にぬるくて 暑くも寒くもなく 迷わす

ヘッドライト点灯 遠くの方 後悔してる 本当のとこ

交錯する 交差点の方 クロスウォーク シグナルは青

街角の街路灯 照らす歩行者 路頭に迷う シルエット一人

見慣れた泣き顔 waiting for her 来た道 振り向き 前向き

あいつと泣きながら抱き合った 欲しかった答えはココはあった

女はいつもずりーや 後から後から気づかせて


目に留まる バス停近くでよく似た二人が抱き合ってる

街頭 まるでスポットライト 二人のために光ってる

夜の街も次第に輝く 「大切にしてやれよ」とささやく

電話より 手紙より 触れあえる距離がなにより

「辛くなったら逢いにきて ずっと待ってるから迎えにきて」

そう書かれた最後の一行 いつの日か戻ろう なぜに

それほどまでに 君は健気に人を愛せるの

男はいつも身勝手な夢を見て 何かを犠牲にする


バスになる 何故バスになる あいつを乗っけるバスになる

愛すことに組み込まれる曖昧 確かめながら バスは走る


バスになる そうバスになる 君を乗っけるバスになる

迎えに行くのはいつになる 時間を飛び越え バスは走る


バスになる 何故バスになる あいつを乗っけるバスになる

愛すことに組み込まれる曖昧 確かめながら バスは走る


バスになる そうバスになる 君を乗っけるバスになる

迎えに行くのはいつになる 時間を飛び越え バスは走る

提供: うたまっぷ