歌詞

八月

Jackson vibe

作詞
グローバー義和
作曲
グローバー義和

八月に 思い出の渚で 潮風にほっぺたなでられて

切なくて 涙がこぼれちゃうほど 星の綺麗な夜


この海に 続く道ぬけたら あの人に出会える気がしてる

夏の日よ もう一度だけまわれよ あの娘の目が見たい


カーラジオから真夏の果実 ボリュームを少し上げて 見上げてた空に星が流れてる

願い事はひとつ


いつの日も 暑い夏も

いつまでも 寒い冬の日も 想ってる


ため息に 鼻歌をのせては 繰り返しなぞるだけのカレンダー

大人ぶって 窓際にかけたまま 星も見えやしない


肩寄せればそれだけで合図

二人どこまでも越えてゆくと信じてた時は流れて

気がつけばひとり


何もかも 甘い夢も

いつまでも 苦いだけの恋も 想ってる


風がないている

月がぬれている

雁わたる空にはぐれたカモメが 口笛鳴らす

提供: うたまっぷ