歌詞

かまぼこ

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

イカサマみたいな時計に騙されて

カマボコみたいな電話の音で

「おはよう!」目が覚めてからが

駆け引きの始まり始まり

もう幕はとうに上がってた


嘘みたいに終わってた夜の

枯れ葉みたいな自分の顔を

「それ隠せ!」まるで着せ替え人形さ

自分の足 意志 思想なんてあったもんじゃないさ


一体誰がそうさせてる?

「関係ない」が死語ならば

アンタはどうやって切り抜ける?


となりの客のよく柿食う姿も

カエルがピョコピョコ飛んでる様も

今の僕なら見えるかもね

アンタの後ろにとっさに隠れて

黄色いアンヨ出してやる


期待して今夜待ってろよ

ハリボテだけど歩いてる

よろけて転んで笑っておくれ

こんなんじゃ洒落にも何にもなりゃしない


一体誰がそうさせてる?

「関係ない」が死語ならば

アンタはどうやって切り抜ける?


イカサマみたいな時計に騙されて

カマボコみたいな電話の音で

提供: うたまっぷ