歌詞

太陽

BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央

二度と朝には出会わない 窓の無い部屋で 動物が一匹

ドアノブが壊れかけていて 触れたら最後 取れてしまいそうだ


このくらい寒い方がいい 本当の震えに気付かないで済む

不愉快も不自由も無い その逆も初めから無い


例えば笑ってみろよ こっちもひたすら笑えるさ

空のライトが照らしてくれた 僕には少し眩しすぎた

そして誰もが口を揃えて 「影しか見えない」と言った


二度と朝には出会わない 窓の無い部屋で 心臓がひとつ

目を閉じていても開いてみても 広がるのは 真っ黒な世界


例えば泣いてみろよ こっちはそれすら笑えるさ

君がライトで照らしてくれた 暖かくて 寒気がした

光の向こうの君の姿が 僕には見えないと知った


かくれんぼしてた 日が暮れてった

見つからないまま 暗くなっちゃった

皆帰ってった ルララルララ

かくれんぼしてた ずっと待ってた


例えば信じてくれよ こっちはなおさら疑うさ

それより触ってくれよ 影すら溶けていく世界で

影じゃない僕の形を


君のライトを壊してしまった 窓の無い部屋に来て欲しかった

それが過ちだと すぐに理解した

僕を探しに来てくれてた 光の向こうの君の姿が

永遠に見えなくなってしまった

それが見たかったんだと気付いた


かくれんぼしてた 日が暮れてった 見つからないまま ずっと待ってた

皆帰ってった ルララルララ かくれんぼしてた 君を待ってた

もう一度 朝と出会えるのなら 窓のない部屋に 人間が一人

ドアノブが壊れかけていて

取れたら最後 もう出られはしない

出れたら最後 もう戻れはしない


提供: うたまっぷ