歌詞

平成たいやき物語

ブリーフ&トランクス

作詞
伊藤多賀之
作曲
伊藤多賀之

(セリフ)

僕はふと思った…

最近のたいやきには なぜしっぽまであんこが入っているのだろうか

そして 中身にマヨネーズなどが入っているのだろうかと


明治時代に 魚好きの男とあんこ好きの女が

協力しあって たいやき考えた

それから たいやきは広く一般人に愛され

日増しに売り上げが伸びていた

まわりについてるカリカリがおいしくて

ちょんまげを奪われた男達の心も癒した

だがしかし しっぽにあんこが入ってなくて

半分こっつにした時 兄弟ゲンカが起こる… そんな問題も発生した


昭和時代に突然 たこやきが姿を現して

日本中に衝撃を与えた

一箱8個入りで 兄弟でも分けやすく

子だくさんの時代にマッチしてた

最後の一つを 地面に落とすと切なくて…

いつの間にか たいやきのお客も たこやきを求めていた

原因は 何と言ってもマヨネーズ

ご飯にさえ かけられるほど 世間にこっそりマヨネーズはうけていた…


「会長大変です! たこやきが売れてます!」

「なに?」と聞き返した その会長とは

日本たいやき協会の会長で 戦争生き抜いた人

世間がたこやきを好きなのは 箱のすみのマヨネーズが原因なのか?

緊急会議が始まって 10時間以上も話し合い 全国中に指示を出した

「マヨネーズを入れてみろ! マヨネーズを入れてみろ!

サービスでしっぽにも入れろ! 中身を流行ものに変えろ!

チーズやアロエ ナタデココ… いろいろ試してみろ!!」


最近しっぽまで あんこが入ってるわけ 中身にマヨネーズなどが入ってるわけ

業界の必死なたこやきへの挑戦が見え隠れ…

その結果 ついに一時期のあの人気を取り戻した

あの時の会長は 残念ながら たいやきの復活姿を見ることなく

5年前に他界した…

今はその息子が引き継いでいる

(セリフ)

…と そんなことを一人で勝手に想像して僕はたいやきを食べている

提供: うたまっぷ