歌詞

石焼イモ

ブリーフ&トランクス

作詞
マリモラッコ
作曲
マリモラッコ/伊藤多賀之

星空 木々のざわめき はじめて知った君の香り

制服 姿のふたり 待ちわびたこの時を


「好きだよ」・・・ずっと言えなかった言葉

今なら何度でも言えるさ

目を閉じた君の前髪が風に揺れてる

高鳴るこの胸 唇 潤し 近づいたその時


石焼イモ~おイモおイモおイモおイモ おイモだよ

夜の空を~駆け抜けてく おイモの美味しそうな匂い

クスっと照れ笑い なんだかいびつな 16の夜


はじめて 存在してる 僕の部屋で君が笑っている

今夜は 月の明かりが 消えない魔法みたいだ


震える・・・君の両手をにぎりしめて

キスした精一杯やさしく

今夜終わらない夢をみようあふれる想い

ブラウス 最後のボタンを はずして 近づいたその時


石焼イモ~おイモおイモおイモおイモ おイモだよ

月明かりが雲で隠れてなくなり君を見失った

ため息を殺して 笑ってみせた 18の夜


あれから 10年が過ぎ 幸せの形を築いた

生まれた ばかりの子供 抱いた君を抱きよせて


それでも もろく壊れそうな日々の

何かが 足りないような気分さ

すれ違い始めた僕達のすき間に吹く風

背中を 向けたまま 会話も 笑いも 消えた 僕らの部屋


石焼イモ~おイモおイモおイモおイモ おイモだよ

なじみの声~なつかしいこの響き 涙が止まらない

石焼イモ~おイモおイモおイモおイモ おイモだよ

信じ合って~寄り添い歩いた道をまた歩きだせたら


間違いじゃなかった ふたりの出会いは そう思えるように・・・

提供: うたまっぷ