歌詞

彩-SAI-(後編)

ACIDMAN

作詞
大木伸夫
作曲
ACIDMAN

懐かしの空 余りにも強く

公園の隅で あの風を待つ


青とオレンジの混ざり合う上 月は優しく浮かんだ ひとつ

土を忘れ笑う人と街 夏の終わり 浅黄色の羽根


花火の音がして 心が弾けて

消え敢ふ色に 何かが溶けた


乾いた腕で金色の星へ 発つ鳥を追って

世界の隙間で 色を集めた 風追い人達


波音の中 あの時君は

過ぎ去った日々に 何かを告げた


朱色の海 影送り雲 夕方のロバ 又 羽を持つ

何度も手を振り 呼んだ空 置いてきたものは?


無くした色が 心の奥に 少しずつ咲いて

遠い日に見た 世界の隙間で それを名付けよう

提供: うたまっぷ