歌詞

暁を残して

ACIDMAN

作詞
大木伸夫
作曲
ACIDMAN

遥か、昔 生きた無色の生命 何度も同じ太陽を見てきたのだろう

正しさはいつの世も消えるかただ、

溢れる生命力と暁の一瞬!


歩みを速め行く 一人の影

浅い呼吸 幸福は悲壮と化して

彼は残り僅かな光を追って

願っていた 不器用な程に強く


「鳴呼、ここは創造の果て」と君は言う

目が眩む程の 悲しみを乗せて


満たされた 掌の影が

また 枯れた 暁を残して


探していた 一片の羽根は

未だ在るか? 掲げた意思と共に


その手で握りしめていたもの

気付けばそれは 唯一の暁


大切なものは初めから生きていた

遥かな日々の上


今はただ 一片の覚悟を

刻んでいた 暁を残して


目が眩む程の 溢れる生命力を 鮮やかな暁が照らして

提供: うたまっぷ