歌詞

想い出がいっぱい

ビリケン

作詞
阿木燿子/オクダケン
作曲
鈴木キサブロー

古いアルバムの中に隠れて想い出がいっぱい


無邪気な笑顔の下の

日付けは遥かなメモリー


手に届く宇宙は 限りなく澄んで

君を包んでいた


大人の階段昇る君はまだシンデレラさ

幸福は誰かがきっと

運んでくれると信じてるね

少女だったといつの日か想う時がくるのさ


キラリ木漏れ陽のような眩しい想い出がいっぱい

一人だけ横向く 記念写真だね

恋を夢見る頃


硝子の階段降りる硝子の靴シンデレラさ

踊り場で足を止めて

時計の音 気にしている

少女だったと懐かしく振り向く日があるのさ


大人の階段昇る君はまだシンデレラさ

幸福は誰かがきっと

運んでくれると信じてるね

少女だったといつの日か想う時がくるのさ


少女だったと懐かしく振り向く日があるのさ


僕らはそれぞれの地図を抱え

胸のコンパスはゆれながら明日を

さがしている、求めている、困っている

君がいなくちゃ


出逢ってもう何年経ってんだっけ?

あんトキ 同じバイトしてたっけ?

今となっては かなり甘えはナシ

そんな遠くない昔話

おもしろ話、ぶっちゃけ話、失恋話、未来話、

身もふたもない話だけれど

きっと忘れることはないだろう

ずっとないだろう


出逢ってもう何年経ってんだっけ?

あれから時が流れ、経ったって

一生モンの想い出なんだって

そんな遠くない昔話

(昔話、話せば長く、とても儚い、昔話)

提供: うたまっぷ