歌詞

ブルーテーブル

SOPHIA

作詞
松岡 充
作曲
黒柳 能生

もう私は全てに見放されたようです

ありふれた台詞には誰も見向きもしない


傷つけた事も傷つけられた事も消えてくの


最後まで私の目を見てくれたあなたも


今はもう他の誰かその優しさで包み込み眠る


窓が一つ 部屋の角(スミ)に 壁は高く 外は見えない

いつだったか 二人で買った小さなブルーの机が一つだけ残ってる


想い出は綺麗に彩られてくもの

道の先にあの虹の橋はもうないでしょう


あなたの事を私の方が独りにしてた


遠く景色 霞んでゆく 色が消えて あなたの孤独が

波の様に私の方へ打ちつけ砕けては無くなる


窓が一つ 部屋の角(スミ)に 壁は高く 外は見えない

いつだったか 二人で買った小さなブルーの机の上に登ったら

小さな窓に 今 手が届いた

提供: うたまっぷ