歌詞

ダンスホール

尾崎豊

作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊

安いダンスホールは たくさんの人だかり

陽気な色と音楽と タバコのけむりにまかれてた

ぎゅうぎゅうづめのダンスホール しゃれた小さなステップ

はしゃいでおどりつづけてる おまえを見つけた


子猫のような奴で なまいきな奴

小意気なドラ猫ってとこだよ おまえはずっとおどったね


気取って水割りのみほして なれた手つきで火をつける

気のきいたはやりもんくだけに おまえは小さくうなずいた

次の水割り手にして わけもないのにかんぱい

こんなものよとほほえんだのは たしかにつくり笑いさ


少し酔ったおまえは考えこんでいた

夢見る娘ってとこだよ 決して目覚めたくないんだろう


「あたいグレはじめたのは ほんのささいなことなの

彼がいかれていたし でもほんとはあたいの性分ね

学校はやめたわ 今は働いているわ

長いスカートひきずってた のんびり気分じゃないわね

少し酔ったみたいね しゃべり過ぎてしまったわ

けど 金がすべてじゃないなんて きれいには言えないわ」


あくせくする毎日につかれたんだね

俺の胸でねむるがいい 今夜はもうおどらず


ゆうべのくどき文句も忘れちまって 今夜もさがしに行くのかい

今宵眠れるやさしい胸を

そうさおまえは 孤独なダンサー


※「風にうたえば」に収録されているバージョン

提供: うたまっぷ