歌詞

空想旅団

Do As Infinity

作詞
D・A・I
作曲
D・A・I

目を閉じて 耳を澄ませ

音楽(イメージ)を 受けとめよう


メロディー あの空越えて

導くメロディー 時間さえ越えて 彼方へ


朝陽が昇る 蒼いサバンナ

インパラの群れが 走り行く

誰かが叩く beatの中に

僕は立っている


悲しみや苛立ちなど

とりあえず 鍵をかけて


船に 乗るのか 君も

僕らと 旅は 果てしなくとも いいのか


1962

shoutが生まれ 港町の片隅で

お客もいない 真夜中のパブ

僕は立っている


1969

朝モヤの中 愛と平和が 満ち溢れ

国歌を奏(うた)う そのギタリスト

僕は見つめてる


さあ この船を出そう

今度は 僕ら ゆっくり セイル 上げよう


1999

この渋谷(ろじょう)から ささやかだけど歩き出す

何ができるか わからないけど

君に聞こえるか


信じるものが

ただひとつある 今の時代に 充分さ

信じるものが ただひとつある 籠の鳥じゃない

提供: うたまっぷ