歌詞

Vanish

Janne Da Arc

作詞
yasu
作曲
kiyo/yasu

慣れない時間の流れ 夜が長く感じる

体よりも心のオアシスが欲しくて

何げに壊れたはずのラジオをつけてみると

ノイズ混じりの彼女の歌に出会った


なつかしくもないのに なぜか僕は

ふと気がつけば涙してた


ひからびかけたこの僕に 女神が舞い降りて

彼女の声 うるおす雫の様

天使の微笑みにも似た やわらかな風の声

大人になった 僕の心を癒すなんて


いつも笑っている様な 彼女の歌声が

僕の子守歌がわりになってたのに


夢で見る彼女は空を見上げて

涙を見せずに泣いている様


真夜中にふと目が覚めると 痛い程の静寂

いつのまにか 彼女の声も閉ざされ

不思議な魔法に魅せられた 僕は子供の様に

彼女はもう ラジオとともに眠りについた


もう冷くなっている彼女に 何度も呼びかけて

いつまでも 声が枯れ果てるまで

うなだれた彼女の体 永遠に目覚めはしない

彼女のいない あの夜には戻りたくはない

提供: うたまっぷ