歌詞

Silence

光永亮太

作詞
矢野睦
作曲
Sin

僕たちは目の前にある

数えきれぬ道に迷い

何度も立ち止まっては

冷たい雨にふたりうたれた


時代(とき)が変わる

季節が巡る

いつも誰か涙流す

色あせない痛みは

さめざめと僕に注ぎ込む


夜の街 風をきって

朝日の見える丘ヘ

一緒に行こう

光る運命のはじまりを確かめに


君の夢にうたをもらう

今日も僕は生きるために

少しくらいの言葉をなくしても

ふたり ほら あたたかい


引き裂かれた空の下で

明日が何も見えなくても

怖がらないで 決してひとりじゃない

きらめいた君を想うよ


笑いあった夜の終わりも

孤独からは逃げられない

弱さ さらけ出せる

飾ることない強さが欲しい


君の夢にうたをもらう

今日も僕は生きるために

少しくらいの言葉をなくしても

ふたり ほら あたたかい


つらい涙、憎しみあい

同じ地球(ほし)で生まれている

愛を知ってる そう今 僕たちから

手を取って想いをつなごう


君の夢にうたをうたう

明日をきっと生きるために

少しくらいの言葉をなくしても

ふたり ほら あたたかい


瞳を閉じて 思い出して

あの悲しみをおぼえた日のことを

乗り越えてきたその横顔から

今 かわらない強さあふれる

提供: うたまっぷ