歌詞

髪をほどいて

bird

作詞
bird
作曲
堀込高樹

あとでまたねと手を振った

ガジュマルの木の下

手と手離れた瞬間に

テレパシーきかなくなる

あなたは知らない人のよう


スコールが来る


ああ 恋は摩訶不思議なもの

あなたにすぐ逢いたくなるのよ

ああ 雨宿りはひとりでね

せつなさからあふれてくる涙だけはそうね

あなたに見せたくないの


雨といたずらな時間は

サンダルに落ちて

揺れるスカートの裾はね

わたしの心模様 まるで映しているようで


さす傘はない


ああ 恋は摩訶不思議なもの

あなたにすぐ逢いたくなるのよ

ああ 濡れた髪をほどいてね

あなたが好き でも言えない想いに そう少し

気付いてほしいだけなの


今頃誰かと愛の傘をまわす


ああ 恋は摩訶不思議なもの

あなたにすぐ逢いたくなるのよ

ああ 濡れた髪をほどいてね

あなたが好き でも言えない想いに そう少し

振り向いてほしいだけなの

提供: うたまっぷ