歌詞

夢のつづき

晴晴゛

作詞
松浦友也・井田優之介
作曲
松浦友也

ポケットにつめこんで手探りでさがした

気のせいじゃないんだ魔法はないみたい


手作りの飛行機 うまく風に乗った

踏み出せた一歩が 大事に思えて


もう少しだけ無防備でもいい

この停車場(なやみ)さえも気にせず行けたら・・


小さな夢のカケラを 右手に握りしめ

想像するよりも もっと染みつけて

空に舞い上がるから それはまぼろしでもいい

あの日の夢のつづき もっと溢れるくらい降り積もれ・・


浅い眠りの中 七色の景色を

5分だけ進めた時計に重ねる


一度なくした未来図(ちず)

また探しはじめる

こころにつめこんだ 記憶をたどって


方向オンチな願いもきっと届く

遠く光るのは気のせいじゃない・・


小さな夢のカケラを 右手に握りしめ

はしゃぎ疲れてでも もっと輝いて

空に舞い上がるから たとえ見えなくてもいい

いつかの夢のつづき もっと溢れるくらい降り積もれ・・


小さな夢のカケラを 右手に握りしめ

想像するよりも もっと染みつけて

空に舞い上がるから それはまぼろしでもいい

あの日の夢のつづき もっと溢れるくらい降り積もれ・・

提供: うたまっぷ