歌詞

36度線―1995夏―

CHAGE&ASKA

作詞
ASKA
作曲
ASKA

紅いお日様が 海に浸かるころ

紅茶のティーバッグを カップに沈めてた


僕の地球儀は もう使えなくて

ただ部屋のスイッチで 朝と夜とを行った


36度線のベルトの下あたりじゃ

誰もが 流行のように 上書きされあってる


忘れ物が 見つからない

放課後の 寂しさがした


カップの中の 海を揺らした

色が深くなり 心は沸いた


街ですれ違う 若い人たちは

みんなタレントさんで 茶色の髪してた


36度線のベルトの下あたりじゃ

誰もが 自分らしさを 誰かで計ってる


僕のままで 横たわる

ジーンズはいて 歌を歌った


カップの中の 朝日をあげる

そんなフレーズに 憧れてみた


忘れ物が 見つからない

放課後の 寂しさがした


カップの中の 海を揺らした

色が深くなり 心は沸いた


僕のままで 横たわる

ジーンズはいて 歌を歌った


カップの中の 朝日をあげる

そんなフレーズに 憧れてみた

提供: うたまっぷ