歌詞

熱中時代

サンボマスター

作詞
山口隆
作曲
山口隆

悲しく消えるのが 僕の運命なら 僕の運命なら

愛しきあなたは どこに消えるというの どこに消えるというの


悲しく消えるのが 僕の運命なら 僕の運命なら

愛しきあなたは どこに消えるというの どこに消えるというの


おぉ 私はあなたと笑いたかった

おぉ 私はあなたと分かりたかったの

おぉ 最後に残るのは優しさだけだぜ

とまどいながら 分かち合う二人


それでも私はササクレタ声で 君に唄ってるんだ

あなたに唄ってるんだ

何もかも捨てて振り返らぬような 熱中時代よ

愛おしい君よ

つながってく つながってく


おぉ これから僕は

おぉ あなたの涙をぬぐってくんだ

おぉ それでも笑うのは 優しさ故だぜ

とまどいながら 分かち合う二人


それでも私はササクレタ声で キミに唄ってるんだ

あなたに唄ってるんだ

何もかも捨てて 振り返らぬような熱中時代よ

愛おしい君よ


涙のわけは消えたぜ 消えたんだ

とまどいながら とまどいながらも分かち合って

つながっていたいの

つながってる

提供: うたまっぷ