歌詞

ONE ~命の灯火~

湘南乃風

作詞
湘南乃風
作曲
湘南乃風

燃やせ FIRE 燃やせ FIRE 燃やせ FIRE 燃やせ FIRE


見ろよ! 無数に光る灯火 夢中に火を焚くそこの君

足早に過ぎてく日々 一度きりの青春だから

二度と無いんだぜ一度きり みんなあるぜ ここにいる意味

一緒に生きてく証に広げてく one to one


まだ見ぬ未来照らす光と 共に分け合おう痛みを

止まる事なく来たお前と 雨で冷えきった体も

そこに歌があるから暖まろう さぁ輪になろう離れぬように

繋がる手に灯った炎 灯火を高く燃やせ


燃やせ FIRE 燃やせ FIRE 燃やせ FIRE 燃やせ FIRE


いいか この先に何があるかなんて事は分からねぇが

いつどこで倒れ崩れ落ちるかだなんて分からねぇから

無いんだ行くしか その命の...

灯火が燃えるほど人の心動かすんだと

信じろ...必ず残るお前が生きた証の火が


生まれた事に生きる喜び怒り悲しみ感じる日々は

あっという間だから楽しむんだ

命燃え尽きるまでの生き様知るのは自分だけだ

当たって砕けても情熱の灯火だけは...


燃やせ FIRE 燃やせ FIRE 燃やせ FIRE 燃やせ FIRE


そうお前らと

目と目が合って見れば (Mi de ya)

点と点が線になれば (Mi de ya)

手と手が繋がれば (Mi de ya)

火と火が重なれば (Wi de ya)

孤独 悲しみ 憎しみ 暴力 面倒くせぇから (Bun badmind)

権力は結局 裏切りの連続 うさんくせぇから (Bun badmind)

せっかくもらった命だ 点火する でっかくなるため (Bun badmind)

過去から現在託された期待 これからどうなる俺らの未来は

提供: うたまっぷ