歌詞

赤い靴

aiko

作詞
aiko
作曲
aiko

ほしくてほしくて手に入れた 底の高い赤い靴は

あなたの肩にこのあごが届くように

周りの空気 外の空気 どこかで区切りをつけたのは

あなたの散歩がひどく恐いから


変わる回る傷つく心

手におえない程ごまかせないね

あなたがあたしについた嘘

悲しくけだるい魔法をかける


明るい空に通り雨 少しずつならべたさよならの理由は

あたしを追い込んだ無防備な 突然やってくる雷のよう


ゆっくりゆっくり押しこめた 物欲にからまった気持ち

全てあなたのためだった事を知って

やっぱり真っすぐ歩けない はきこなせない赤い靴に

たまらなく好きだった事を知る


君を好きじゃなくなったって

息巻くぐらいに言えばいいじゃない

上手な別れ方だなんて

そんな言葉あたしにはいらない


明るい空に通り雨 瞬きさえ出来ないあなたの笑顔には

あたしを追い込んだ無防備な 最期に落ちて来る太陽のよう


転んだってすりむいたって

傷口なめてまた歩けばすぐ

ただ痛いだけの後悔に

情愛もって手をふってみせる


明るい空に通り雨 少しずつならべたさよならの理由は

あたしを追い込んだ無防備な 突然やってくる雷のよう


明るい空に通り雨 瞬きさえ出来ないあなたの笑顔には

あたしを追い込んだ無防備な 最期に落ちて来る太陽のよう

提供: うたまっぷ