歌詞

恋堕ちる時

aiko

作詞
aiko
作曲
aiko

恋堕ちる時 いつかいつか 涙 四角いあぶくになる

悲しみぬけがら拾い集めて やっと一番優しくなる


心のプライド一途なあたし 今日も悲劇にかられて

海よりも深く泣いたでしょ 溺れてゆく貝になって

水の中の深い所歩いて逢えなくても

流れる砂も泳ぐ魚が届けてくれるでしょう


右の耳から左の耳たぶまでずっとなでてほしくて

偉大な誰かの愛の言葉くつがえします


恋堕ちる時 いつかいつか 涙 四角いあぶくになる

怪獣ぬけがら拾い集めて 少し笑えました


頬杖ついて考えてみた どうすればいいのかを

溜息を飲んで鏡みた 大切な事伝えなくちゃ

見つめられる前にあたしが見つめる ねぇ気付いてほしくて

近づいて触れてあなたのうぶ毛に口づけてみたい


例えばその腕その手のひらを大きく広げてくれたなら

あたしの尽きない話をずっと聞いてくれればなぁ


恋堕ちる時 いつかいつか 涙 四角いあぶくになる

悲しみぬけがら拾い集めて やっと一番優しくなる


たとえばその胸 耳のうしろのにおいがのどを通ったなら

あたしはあなたなしでは生きてゆけない体になるだろう

提供: うたまっぷ