歌詞

夏は憶えている

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

夏の草をかき分けながら

川の石をどかしながら

何かを探す子供達に

夏は日を長くしてくれる

海も山もないこの街で

鞄と携帯で塞がった

両手じゃどんな季節にだって

手も振れないと思ってた


店先に出まわり始めた

スイカの赤い切り口が

笑っているように見えたのは

僕の中にいる

あの夏の子供の仕業だね


例えどんな場所にいても

自分で探さなければ

何も見つけられない

僕が忘れていただけで

どの年にいた子供の顔も

夏は憶えている


真っ赤に焼けた体を

夕立が急いでさます

刀鍛冶のように夏は

子供達を強くしてくれる

誰かが撒いた打ち水が

誰かに涼しい風を送る

次はどんな自分に

なりたいのか解った気がした


蛍がたくさん集まる川や

アケビがなる場所を

見つけては胸を高鳴らせ

走って帰った

瑠璃色の遅い夕暮れ


例えどんな場所にいても

あんなに楽しかったのは

喜ぶ顔を見てたから

僕が忘れていただけで

どの年にいた子供の顔も

夏は憶えている


虫かごを斜めにかけてた君を

タオルを首に巻いてコーラを飲む君を

勉強帰りホームに立っていた君を

夏は忘れはしない


例えどんな場所にいても

自分で探さなければ

何も見つけられない

僕が忘れていただけで

どの年にいた子供の顔も

夏は憶えている

提供: うたまっぷ