歌詞

Cicada

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

まっくらな土の中

何年も過ごしながら

まだ見ぬ太陽の光を

蝉たちは信じてる

辛さから逃げることで

自分を騙しながら

生きることが幸せなら

僕らはいないはずだと


伝えたい事があるから

君の住む町にきたよ

忘れないでほしいから

うるさく鳴いてみせるよ


打ちつける夕立の

拍手が鳴りやむころ

我先にと羽根をこすり

蝉たちはうたう


伝えたい事があるから

君の住む町にきたよ

忘れないでほしいから

うるさく鳴いてみせるよ


打ちつける夕立の

拍手が鳴りやむころ

我先にと羽根をこする

蝉たちのように


僕はうたう

提供: うたまっぷ