歌詞

BLIND

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

どうしてだろう 言葉が

何も君に届かない

君の言葉も わざと僕を

はずしたように肩の辺に落ちて

キスをしてても なぜか

君の唇じゃないみたいで

確かめるように 何度もしたけど

今思うと悪かったね


僕の一番聞きたくないと

思う言葉で君が

楽になったり幸せになれるなら

簡単に言えるよ よく聞いてて


さよなら さよなら

僕という目かくしを

はずしてあげるよ

さよなら さよなら

この魔法をとくよ

その人だけ見えるように


初めてあった時から

君を好きになった

今でもちゃんと 覚えてるよ

君がどんな服を着てたかも

遊び疲れて 仲間で僕の

部屋で雑魚寝した朝に

寝てると思ってキスをくれた君を

知らないことにしてるよ


臆病で嫌われたくなくて

内緒にしてた気持ちも

二人並んだ写真が多いから

はめられてたんだよ かっこわるいね


さよなら さよなら

そばにいれるだけで

幸せだったあの頃の

僕には もうもどれない

初めて君を抱いた

僕はよくばりになったんだ


さよなら さよなら

僕という目かくしを

はずしてあげるよ

さよなら さよなら

この魔法をとくよ

その人だけ見えるように

提供: うたまっぷ