歌詞

Star Ferry

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

今頃ちょうど君は あの部屋にもどって

海側の窓を あける頃だろう

夜を渡って行く星を 見逃さないように

部屋の明かりを まだ消したまま


おやすみ 愛しい人よ

願わくば二人の想いが

この舟の航跡よりも

長く続くことを


水夫が縄をといて 敬礼をすれば

今日を思うには短い

舟の旅がはじまる


湿った潮風に 小刻みにはためく

襟元が残り香で 冷やかしながらも

確かめるものがないと 嘆くその日に

思い出せるかと 僕を試す


おやすみ 愛しい人よ

願わくは二人がいつか

この舟の航跡を

一緒に見つめる日を


近づいてくる見慣れた 波止場で待ってる

恋をする前の僕にも

変わらずに手を振ろう


渡した人の想いが 星のように

輝けと名付けられた

舟に思えた夜

提供: うたまっぷ