歌詞

Ordinary Days

槇原敬之

作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA

ちょうど蝉が鳴き始めた

日差しの強い午後

必要とされてると思いたい

君はそう言っていた


幸せを思い描くとき

馬鹿馬鹿しくなるという

玄関先の君の影がまだ

焦げ付いている歩道


君から見た友達や

TVの中でよく見かける

切り取られた場面を幸せだと

思ってるなら すぐやめな


当たり前さ それが普通さ

嬉しいことがないと

幸せと感じれないような

人は確かに多いけど

あれが違う 誰と違う

それは何の意味もないこと

安心しなよ 君は

特別 不幸じゃない


僕のことを少しだけ

話してみようか

君と話をするときはいつも

楽しいから笑ってるけど


知らなかったと目を丸くして

君は驚くけれど

別に隠してた訳じゃない

聞かれなかったからだよ


君がやってくる前に

また問題が一つ増えた

だけど今日君と会う約束は

誰にも譲れないだろ?


当たり前さ それが普通さ

嬉しいことがないと

幸せと感じれないような

君のままじゃ疲れるだけさ

嬉しいこと 大事なこと

それは自分で見つけなくちゃ

安心しなよ 君の

人生は君だけのもの


誰かのせいにして嘆く分

君の時間は減っていく

暴れて人を傷つけるなら

賢くなって自分を守れ


当たり前さ それが普通さ

嬉しいことがないと

幸せと感じれないような

君のままじゃ疲れるだけさ

これが違う 誰と違う

それは何の意味もないこと

安心しなよ 君は

特別 不幸じゃないし


安心しなよ 君の

人生は君だけのもの

提供: うたまっぷ