歌詞

SIMPLIFY

槇原敬之

作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA

彼は歩き続ける

ぶつかった拍子に

転げ落ちた水たまりで

泥だらけになったまま

それを横目で見ながら

笑う傘の群を

二つに割って歩き続ける


いつか彼に太陽は昇り

全てを乾かすだろう

そのときひび割れた泥を

両手で払い落とし

払いきれずに残るものが

誇りだと彼は知るだろう


He's gonna be responsible

to simplify his own life.

ややこしく生きてるように見えても

彼は単純に自分を信じてるのさ

誰かのせいにしながら

生きるつもりはないだけなんだ


彼女は昨日いつもの店で

ただ揃えたいだけで

のばし続けるつもりだった

大事な髪を15センチも

瞬きする間に

切り落とされてしまった


でも今流行ってるし

お似合いですと

笑う美容師の

耳をつかみながら囁いた

「私の言葉がわからないなら

この耳はいらないし

言い訳もいらないのよ」


She's gonna be responsible

to simplify her own life.

ややこしく生きてるように見えても

彼女は単純に自分を信じてるのさ

誰かのせいにしながら

生きるつもりはないだけなんだ


We're gonna be responsible

to simplify our own life.

ややこしく生きてるように見えても

僕らは単純に自分を信じてるのさ

許しを請いながら

生きるつもりはないだけなんだ

提供: うたまっぷ