歌詞

Going Home

槇原敬之

作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA

通りの庭に植えられた

低い梅の木が

遅い秋の夕暮れに

とがった影を落としている


一枚の葉もないこの木が

僕にくれるのは

まだ寒い春に必ず

白い花を付ける確かさ


自分でも気がつかない

ちいさな苛立ちを積み重ね

くたびれたぼくにキンモクセイが

遠くを見ろと教える


たまには帰ろうか あの町に

花火もススキも僕より

背が高かった あの町に

心をうずめに帰ろうか


坂を上りきって振り返ると

沈む夕焼けが

総てを等しく浸していた

時には振り返るのもいい


たばこ屋の古い公衆電話

10円玉が落ちていく音を

気にされながら励ます声

目を見ながら話したくて


たまには帰ろうか あの町に

ツバメも星空も僕より

背が高かった あの町に

心をうずめに帰ろうか


信じますから信じて下さいと

喉元にナイフを突きつけるような

話し方しか 人は

出来ないのだろうかと

あきらめる前に


たまには帰ろうか あの町に

花火もススキも僕より

背が高かった あの町に

心をうずめに帰ろうか


心をうずめに帰ろうか

提供: うたまっぷ