歌詞

迷わない羊

槇原敬之

作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA

少し涙ぐむような声は

まるで迷える子羊のように

問題が山積みの僕に

電話してきて話してくれたね

「あなたのことを邪魔したり

傷つける人は絶対許さない」

その許せない人達と

平気で遊んでるくせに


子羊たちが迷う訳は

寂しいのはいやだと群れて

分け合うふりして奪いあい

下ばかり向いてるから


わざわざ信じてって

自分から言わなきゃ

人を裏切ることもないのに

わざわざ信じてなんて

自分から言わなくても

信じてもらえるのが本当でしょう

でも無理だね

君は嘘吐きだもの


その場を取り繕うだけで

もっともな事を言うなら

解らなくて黙ってる方が

罪を作らないだけマシ


子羊たちは寂しさに

襲われる人の心に群れて

自分が言ってもらうと嬉しい

言葉を上手にかける


わざわざ信じてって

自分から言わなきゃ

人を裏切ることもないのに

わざわざ信じてなんて

自分から言わなくても

信じてもらえるのが

格好良いでしょう

でも無理だね

君は嘘吐きだもの


僕らの目の前に現れる

いくつもの分かれ道

みんなの選ぶ方が必ず

正しいとはもう思えない

心につくる逃げ場所が

嘘を隠すためならば

持たない方を選ぶよ

僕は迷わない羊になる


わざわざ信じてって

自分から言わなきゃ

人を裏切ることもないのに

わざわざ信じてなんて

自分から言わなくても

信じてもらえるのが

格好良いでしょう

でも無理だね

君は嘘吐きだもの

提供: うたまっぷ