歌詞

恋することしか出来ないみたいに

GARNET CROW

作詞
AZUKI NANA
作曲
YURI NAKAMURA

町中オレンジ色に染める

秋空 加速してゆくサイクリング

上空 小さく 色とりどりのハングライダー舞う

風が冷えてゆく


突風吹いて僕らよろめく

笑いながら たおれ

忘れられない 記憶はこんな小さな出来事


かわるがわるに 足を踏み出して

まわる地球 スライドしてゆく

あぁ 瞬きの間はどんなんだろう


少し疲れ飲んだ Coke 甘い空想に

広大で何処までも続く草原をめぐらせるよ


まるで恋することしか出来ないみたい

甘い色に世界を染めるんだ

遠い国まで連鎖してもっと愛に溢れ出す力

流れるよう…


僕は君と出会い

ただ愛おしく

君が誰をみてるとしても

変わらずに大切にしてゆこうって思えたんだ

どんな形でも


群れから離れ少し不安気に

同じ距離を保つ

あの小さな白い鳥の名前を教えて


急な坂道 駆け抜けてゆく

川原までスピード上げてく

あぁ きっと今日は追い越してしまうんだ


戻れない世界が愛しさを増して

雄大な悪戯しかける季節へつれてくよ


まるで 恋することしかできないみたい

優しい風をハシラセテゆこう

大切なのは なんて単純な気持ち一つなんだろう

最初(ハジメ)から


僕は君と出会い

ただ愛おしく

君が何をみてるとしても

変わらずに大切にしてゆけるって思えたんだ

どんな形でも

提供: うたまっぷ