歌詞

Marionette Fantasia

GARNET CROW

作詞
AZUKI NANA
作曲
YURI NAKAMURA

薄明かりを灯して

冷たい壁に 頬寄せ

静寂に 耳をすます

ひっそりと ゆっくりと

惹き返す


時間を刻む音がない

不機嫌な振り子だけが

揺れる 部屋に足音

きっかけは 唐突な

鐘の音


まだ痛む右腕 愛しいあなたを

思い出せと 巡るから

剣を求め 彷徨う


真夜中 din don din dan

knock する影

望む声は 胸を裂いた

月明かりに fourteen eyes were bright

ユラリ ユラリ he's abuse selfish


ほら ti ta ta ta

ガラスの針

十二回の刻(とき)を打てば

聖なる夜の 七頭の影が

無力な人形 に手を伸ばす


涙の雫が 伝う手の中で

ほら 温もり 吹き返す

予言の時が訪れ


森へと ri ra ra ra

door を叩く

まい散る風 悲痛な(かなしい)叫び(こえ)が

聞こえぬよう 祈りながら

フラリ フラリ 駆け抜ける


ah- din da da da

時計仕掛け

when a young owl hooted ヤミを抜けた

終わりを告げる bellの音 何故

切ない 気持ち 連れてくる


la- la- la- la- la

私に似た あの人へと

手を差し伸べる あなたを思う

交差した世界の中で ah-


やさしい音色に

まばゆい光

心ん中に 秘められた

愛しい人は 目の前で笑う

確かな marionett fantasia


la la la- la- la-

僕らの世界

夢 うつろな ユートピア

硬い殻の クルミが割れたら

現実(せかい)は 不意に 流れ出す

la- la- la- la- Marionette Fantasia

提供: うたまっぷ