歌詞

シャララン

ゆず

作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁

通い慣れてたこの道が やけに懐かしく想えます

吐く息は白く冬近く 離れてる間はとても不安です

こっそり逢ってた夜の公園 君が居ないベンチでボンヤリ

逢える日を 指折り数えたりして


シャラララララン~

本当は君を 一人占めしたい気持ちでいっぱい

シャラララララン~

同じ空の下で君は何を想うの?

心の中はいつもシャララン


子供の頃の写真の面影残す その笑顔を見る度に

幸せな気持ちと君を失う恐さが 胸の内をかきまぜています

左手がなんだか手持ちぶさた 君の温もりを探している

とりあえず今日はポケットにしまっておこう


シャラララララン~

本当は君を 一人占めしたい気持ちでいっぱい

シャラララララン~

同じ空の下で君は何を想うの?

シャラララララン~

夢の中で君に逢えた日は嬉しいけれど

シャラララララン~

目が覚めて君がいない日は淋しいよ

心の中はいつもシャララン

風に揺られる気持ちはシャララン

提供: うたまっぷ