歌詞

日だまりにて

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

久しぶりだよこの町を歩いてる

風はまだ春の訪れを

僕に教えてくれないのに


ついさっきまで一緒に居た憂鬱な心は

青い空のずっとずっと向こうへ


そしてまたここへ

帰ってきたわけさ

風の音を聞きながら

いつの間にウトウトしてた

日だまりのあの公園へ


ちょうど町は昼下がり人々が日に照らされて

しばらく見ないうちに変わった様子など

どうでもいい事さ


葉の付いた観葉植物は

相変わらず僕に

何も教えてはくれないけど


針葉樹の揺れる永い冬の中で

風に吹かれながら

そっと語り合えた

あの頃のように


ここへ帰ってきたわけさ

風の音を聞きながら

いつの間にウトウトしてた

日だまりのあの公園へ

提供: うたまっぷ