歌詞

ガソリンスタンド

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

夕暮れの空の匂いがした

近づくと無くなりそうで恐かったから


そっと立ち止まり信号が青に変わると

押し流される様に僕は進む事しか出来なかった


逢えなくなってもう二回目の冬が来て

逢えなくなってからは何しろやりきれなくて

だけども僕はいつも君がここに居るから

何とかこうしてやってゆける気がしてんだ


町外れのガソリンスタンドの前で

遠ざかる風の行方を気にしてた夜


不意に騒がしくて 目の前の排気ガスの中

手探りだけど前に歩いてるよ

これで良かったんだよね


冬の風は冷たく足をすくうけれど

光なんてましてや見えない道だけれど

二人分それでも少しも重くないさ

いつでも逢える遠い所へいっちゃった君へ


逢えなくなってもう二回目の冬が来て

逢えなくなってから何にしろやりきれなくて

だけども僕はいつも君がここに居るから

何とかこうしてやってゆける気がしてんだ

提供: うたまっぷ