歌詞

気になる木

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

葉っぱの無い木を見たんだ

国道を一本それた通りで

何かをうっとうしく感じているのか

それとも待ちくたびれたのか


雨はいつも悲しい音

ちょうど今日が何かの日だと言う

そんな事も知らずにどっちに行っても

その音は途切れる事もなく


「今日はどこまで?」

いつもの様に

しがみついたその手はかろうじて

離してはないんだ


葉っぱの無い木はずっと

そんな僕が来るのを

待っていたにちがいない

だったらこんなに大げさに

唄なんかになるわけないんだから


半分くらい枯れた木が

そこにはあったけど

それより今日は何の日だっけ

ごめんね君には今

構ってられないんだ


「今日はどこまで?」

いつもの様に

しがみついたその手はかろうじて

離してはないんだ

提供: うたまっぷ