歌詞

夏歌ウ者ハ冬泣ク

藤木直人

作詞
藤木直人
作曲
藤木直人

灼けたアスファルト 一瞬で溶けた 蒸気が立ち上っては消えてく

蜃気楼のように 歪んでいたのかな? この路の向こうに見えた景色も


声が嗄れたとしても歌い続けてんだ

いつかこの夏が終わること知っていても

今は笑いながら歌うしか出来ない

いつか来る冬に僕が凍えたとしても


冷めたコーヒーの 苦みのように はしゃいでた夏の思い出が少し痛む

知らぬ間に止んだ スコールの後の 誰もいない街は少し寂しげ


誰にも届かなくても歌い続けてんだ

いつかこの夏が終わること知ってるから

今は笑われても歌うしか出来ない

いつか来る冬に僕が凍えたとしても


目を懲らせばほら 真昼の空に浮かぶ月のように

自分の廻りを見渡せば 数え切れない 愛すべきものたち


誰にも届かなくても歌い続けてんだ

いつかこの夏が終わること知ってるから

今は笑われても歌うしか出来ない

いつか来る冬に僕が凍えたとしても


声が嗄れたとしても歌い続けてんだ

いつかこの夏が終わること知っているから

今は笑いながら歌い続けていこう

いつかこの冬が春へと廻っていくから

提供: うたまっぷ