歌詞

星から吹く風

平川地一丁目

作詞
林龍之介
作曲
林龍之介

いつかと似てる風の匂いがして

変わらぬ景色眺めています

こんな思いをする日が来るのなんて

いつかの僕は思わなかった


星は音も立てずあの日

別々の道へ流れていた


どれほど高く背伸びしても見えない明日に

僕は今でも高くかかとを上げている

変わらぬ僕がいる… 変われぬ僕がいる…


あなたのそばにいつも居たつもりなのに

ちがう季節を過ごしていたなんて


あなたが星に願う理由に

気付けないだけで明日は変わる


今でも届かずにあなたに届かずに

優しい声を探して両手を伸ばしてる

変わらぬ愛がある… 変われぬ愛がある…


どれほど高く背伸びしても見えない明日に

僕は今でも高くかかとを上げている

星から風が吹く

変わらぬ風が吹く

提供: うたまっぷ