歌詞

涙をふいて

上戸彩

作詞
広沢タダシ
作曲
Sin

世界でひとりきりと もし感じるのなら

どこかであなたのこと 待ってる人は もっと寂しい


もう少しだけ素直に ありがとうって言えたら

太陽の下 こころとココロつなぐ ひとつになる


涙をふいたら ほら 知らない明日が見える

誰かを愛することで きっと 初めて自由になれる


ひとりじゃできないこと ふたりで試してみよう

大事な人がそばにいること 必ず気がつけるはず


迷子になったなら 夜空を見上げよう

輝く星たちなら 昨日と同じ場所にあるから


泣いたり笑ったり 雨のち虹が出たり

どんな時も分かり合える きっとそういうものだから


涙のあとには ほら 七色の花が咲いて

ここまで歩いてきた全てを 愛しく思えるよきっと


幸せのタネをまこう 思いきり笑ってみよう

涙はうれしい時にも出る それはね スバラシイこと


手と手をつないでゆこう

今年も夏が待っているから


涙をふいたら ほら 知らない明日が見える

誰かを愛することで きっと 初めて自由になれる


ひとりじゃできないこと ふたりで試してみよう

大事な人がそばにいること 必ず気がつけるはず

それはね スバラシイこと

提供: うたまっぷ