歌詞

もっと

ケツメイシ

作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ

だから もっと 君の声が聞きたくて もっと 君の事が知りたくて

もっと だから もっと そばにいたい


人のまばらな交差点 12時をさすデジタル時計

電車が無くなる寸前に 君を見つけた偶然に

君は赤の点滅信号を 足早に過ぎ去ってくとこを

無我夢中で追っかけていった あとには車のクラクションだけが

鳴り響く駅前交差点 振り向いた君の瞳も点

何があったか解りませんって 顔から一点微笑みかけ

一緒に帰ろって 笑って言ってる君の手をひいて

薄暗い真夜中の道 いつもと変わらず歩いていく


だから もっと 君の声が聞きたくて もっと 君の事が知りたくて

もっと だから もっと そばにいたい


19からのアルバイト 今日も夜まで働かないと

なんとか借りたアパート 夢のような暮らしがスタート

いつしか彼女居座り 無くなった嘘偽り

2人で同じ帰り道 夢見たのはこんな感じ

たまの休日 庭には実り実った果実 白く洗い干されたシーツ

3時のおやつ なんか聞くどんな奴"こっちおいで"は置いといて

真っ先に帰る 彼女持つマスターキー

ただいま お帰り の声こだまする

結構わるくない 2人でずっと居たい


だから もっと 君の声が聞きたくて もっと 君の事が知りたくて

もっと だから もっと そばにいたい


だから もっと ずっと ぎゅっと 抱いて ここに居て 心地いいって

こっちきて 来て見て 俺のこと よく見て

その瞳 ああ愛しい すれ違うたびに ああいい香り

憧れの彼女 カップルが誕生 彼女案の定 降り注ぐ愛情

今 現在 過去 未来 君といたい 君に逢いたいって取る 携帯

彼女いない 彼女でない そんでもって やっぱ 俺は眠れない

何処なの他の男の処なのかね ちゃんと俺のことだけ 見て欲しい


だから もっと 君の声が聞きたくて もっと 君の事が知りたくて

もっと だから もっと そばにいたい

提供: うたまっぷ