歌詞

ケツメイシ

作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ

冷たい雨が降りしきる あの足跡流され消えてく

寒空に重い雲のしかかる 想い出は 雨でにじみ ぼやける


君と離れて もう何年も そう何にも 音沙汰なしで

急に届いた 君からの絵ハガキの中に

書かれた懐かしい文字 "元気ですか"その一言に

昔とは違うことを感じ 悲しい話 彼女が今何処で

何をやっているのかも わからずに

見ずにいた 過去の思い出 振り返ればそこに君が居たね

あの頃の当たり前が かなり前の事のように この雨のように

一滴一滴消えていく 雨模様に 君が去ってく あの日のように

嵐のように降る雨の中 戻れたならあの頃のように…


冷たい雨が降りしきる あの足跡流され消えてく

寒空に重い雲のしかかる 想い出は 雨でにじみ ぼやける


降り出した雨に 君走り出した

もう戻らない もう戻る気もない

人の交わり始まり いつも同じ

始めは助け合い 今じゃなすり合い

あの時の気持ち 命より大切だったよ君

変わったの俺か それとも君

わかったよこれが生きてる意味

よせてはかえすよ 波みたいに

時にまじり合い 時になじり合い

恥じらいながら 交じらいあった君は もう そこにいない

また 想いおこし 時すでに遅し

肩落とし 重い想い重荷おもり

背負ったみたい

君に逢いたい なんて訳ないさ

そうさ忘れるさ…


なにかためらうことなく 儚く

空いた心の隙間埋める 日が来る

何事も無く 雨降る 溢れる

想い 思い出となる そんな気がする


窓の外 眺める午後 雨は降りつづく涙のよう

あの日君と歩いた 足跡 流されて消えてゆくあの過去

2人の想いは高まったが 色々なことが重なったな

空いてる隙間つめてった 愛してる 好きで埋めてった

濡れないように さす傘 さし方 知らなかったの 確かだ

あの日の雨は 晴れ 呼ぶことさえなく涙にじんだね

今日も降りつづく 日が続く 窓の外遠くの空つつく

晴れる青い空を探してる いつか雨が上がる日が来る…


冷たい雨が降りしきる あの足跡流され消えてく

寒空に重い雲のしかかる 想い出は 雨でにじみ ぼやける

提供: うたまっぷ