歌詞

far away

光永亮太

作詞
光永亮太
作曲
Sin

大きな空の下で

奏でる無数の声を

この胸に刻み込みたい

深く熱く

たとえ身体壊れて

立ちあがれなくなっても

きっと僕は悔やまないだろう


幼い瞳に焼きついたままの

あの憧れは 今も色褪せず

ひたすらに走ってきたけど

今もまだ手にしてないものがある

遠く見つめたその先に

何が待ってるか 確かめたいだけ


背負う君の情熱(おもい)が

僕を奮い立たせる

限りなどないはずだから

手を伸ばせる

何度もつまずいては

泥だらけの背中を

僕らしく追いかけるから


思いやりを繰り返しながら

踏み込んでいく 真っ直ぐに強く

今 響かせよう 心の合図を

残された時間の分だけ


大きな空の下で

奏でる無数の声を

この胸に刻み込みたい

深く熱く

たとえ身体壊れて

立ちあがれなくなっても

きっと僕は悔やまないだろう


背負う君の情熱(おもい)が

僕を奮い立たせる

限りなどないはずだから

手を伸ばせる

何度もつまずいては

泥だらけの背中を

僕らしく追いかけるから


大きな空の下で

奏でる無数の声を

この胸に刻み込みたい

深く熱く

たとえ身体壊れて

立ちあがれなくなっても

きっと僕は悔やまないだろう

提供: うたまっぷ