歌詞

おやすみ

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

花瓶に咲く花を眺めて見ては一人呟いてる

ここに二人いたことも聞こえないふりの夜なんです

認めない事とそれとも戻れない場所を選んで

一つ先の路地を曲がりあなたに会えた事も


まるで嘘みたいだね


ずっと探してた 言葉には出さないで

足りない物はもう何も無いから

答えなんて求めないで


一人ぼっちの夜も数え切れない位あったけれど

僕だけの大切な物それも今日で無くなるよ

夜が行きすぎる頃に君は少しうつむいて

言葉だけじゃ足りないから一緒に明日を待ったね


本当に不思議だね


突然泣き出した昨日と今日の狭間で僕ら

それぞれの痛みと思いを抱いたまま

夜に弾かれて行く


だからおやすみ

目を閉じても僕は消えないよ

怖がる事はもう何も無いから

このままでおやすみ

提供: うたまっぷ