歌詞

アカシア

レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太

ぼやいて 少し笑って 元気になった

お互い あの日のままじゃいられないけれど


緩んだ青空はどこまでも

肌寒く

僕ら 歩き出した


どんな事だって起こるさ 寄り道の先

空が青い事に 理由もなにもなかった

ここから始めようか 意味なら雲と同じさ

僕らはこのまま そう 意味なんかないから


なくして 開き直って 元気になった

君なら どんなふうに笑ったんだろうか?


雨のあと生ぬるく 涙も

分からなく

手のひらを見つめて


どんな事だって起こるさ 陽が差し込んで

アスファルトに映る影ばかり伸びていくんだ

なくしてしまっても それさえ始まりなのさ

そこで揺れてるのは アカシアの並木道


風一つに優しくなれるんだ そうだ

その花が咲いたら思い出してみて


どんな事だって起こるさ 好きに生きるよ

繰り返しながら すり減りながら行くんだ

勇気が足りないかい? それなら僕も同じさ

風を吸い込んだら アカシアの香りだけ

胸をギュッと締めつけた

提供: うたまっぷ