歌詞

夏の花火

BEGIN

作詞
BEGIN
作曲
BEGIN

風が吹いて 波は満ちて行き

琥珀色に輝き出す


防波堤に いくつもの絵が

まるで映画のフィルムのように


わかっていても 抱きしめられたら

このまま時を 止められる気がして

越えられる気がしてたのに


瞬き一つで涙 こぼれ落ちたら醒めてく

水平線より 遠くを見つめないで


夏の花火で書いた 落書きみたいな恋さ

波間を漂い 夜空へ消えた サヨナラ


海が好きなら 酸素ボンベは

必要ないだろう あいつの店で


酒に酔って 責め続けたのは

君を何処へも 行かせないように


わかってほしい せめて今夜だけ

海より深く 愛してる気がして

言い出せる気がしてたのに


二人出会った頃に 流れた歌がさえぎる

見つめ合ったまま 哀しく微笑まないで


夏の花火で書いた 落書きみたいな恋さ

波間を漂い 夜空へ消えた サヨナラ

提供: うたまっぷ