歌詞

初雪

HY

作詞
TUN
作曲
TUN

肌寒い朝は起きるのも困難で 温かいココアがいつもより美味い

風呂から出るのも少し勇気がいるよ あと5分つかろうなんて毎朝さ


この街にも慣れてきたけれど

やっぱりなんか寂しいね


肌寒い夜は眠るのも困難で 温かいお茶がいつもより美味い

風呂から出るのも少し勇気がいるよ あと5分つかろうなんて毎晩さ


この街にも花はあるけれど

やっぱりなんか寂しいね


ひとつひとつ落ちる雪のように 生きた証を残せるかな

あたりは白一色の街に なぜか心は温かく


思ったよりも速く落ちていくもんだね 描いてたそれとは多少違うけれど

そんな事は忘れて朝方から騒ぐ あまりの嬉しさに酒も進むもんだな


楽しくて笑いは絶えなくて

その色に魅せられる朝を


ひとつひとつ落ちる雪のように 生きた証を残せるかな

あたりは白一色の街に なぜか心は温かく


雪どけの道に顔を出す草花

鮮やかな色で春を飾るよ

残る雪も冬の思い出語るように

そうやって僕もどこかで輝いてたいな


この街を雪は白く染めて まるで全てを戻すように

その下からまた芽が出るのを 優しく見守って


ひとつひとつ落ちる雪のように 生きた証を残せるかな

あたりは白一面の街に なぜか心は温かく

提供: うたまっぷ